• ホーム
  • ニキビが同じ場所にできるのには理由がある!

ニキビが同じ場所にできるのには理由がある!

2020年04月19日

同じ場所にニキビができると感じたことがある人はたくさんいます。治療したのにまたできたと嘆くこともよくあることです。同じ場所、同じ部位に繰り返してニキビができるのには実は理由があります。

ニキビは体調の影響を大きく受けています。どこに不調や不具合があるかによって、にきびができる部位も変わります。いつも同じ場所にできてしまうなら、その原因を突き止め、体調を整えてみましょう。それが一番の予防方とも言えます。

ニキビができやすい部位におでこがありますが、おでこはとても皮脂の分泌が多い場所です。だらだらした生活習慣を続けているとホルモンバランスに影響を与え、皮脂の分泌を過剰にします。また、前髪を作っている人は、前髪そのものや前髪のスタイリング剤が刺激となっていることもあります。

皮脂の分泌が多い部位と言えば、鼻も特に多い場所です。睡眠不足やストレスが重なるとさらに分泌量が増え、ニキビができやすくなります。予防方は規則正しい生活をし、ホルモンバランスを整えることです。
さらに、鼻の毛穴は深いため、皮脂やファンデーションが残ってしまうと毛穴を詰まらせてしまいます。アクネ菌の栄養源となってしまうので、クレンジングでしっかりと洗う必要があります。

そして頬ですが、顔の中でもそれほど皮脂の分泌量は多くないため、とても乾燥しやすい部位とも言えます。ニキビは皮脂の過剰分泌だけが原因ではなく、乾燥が原因でも発生するため、頬にできやすい場合は保湿してみると良いでしょう。
また、枕やシーツを清潔にしていない場合、雑菌が頬のニキビを引き起こすこともあります。こまめに洗濯し、常に清潔な状態に保つことをおすすめします。

口周りについては、ストレスが大きな原因だと言われています。口元の皮膚は薄く、乾燥もしやすい部位です。頬と同じく乾燥が原因となっている場合が多いため、十分な保湿で解消することがあります。
あごによくできる場合は男性ホルモンの影響を受けているかもしれません。ホルモンバランスが整っていないため、ニキビを作りやすい男性ホルモンが優位になっていることが考えられます。生活習慣の見直しとストレス解消を心掛けることで、あごニキビのループから抜け出すことができるでしょう。

背中によくできる人は、汚れを落とし切れていないか、シャンプーなどが残っている場合があります。湯船から出た後に、シャワーでもう一度流すのもおすすめです。背中は汗をかきやすい部位なので、意識をしてしっかりと洗いましょう。